法人(会社)設立の準備のお役立ちコラム

株式会社と合同会社の違い

2017/10/10


会社(法人)として起業する場合、まずどういう形態の会社にするのかを決めなければなりません。

一般的には株式会社が多いのでしょうが、最近は合同会社というものも増えています。

2013年の設立件数は7200社程でしたが、2016年には23,800社程に増えています。

それではなぜこのような増加傾向にあるのでしょうか。

まずは「設立費用が安い」ということが挙げられます。

株式会社の場合ですと資本金が一番安い会社でも登録免許税等の実費だけで20万円強かかります。

定款の認証を紙申請ですれば更に印紙代の4万円もかかります。

一方合同会社の場合、6万円ですみます(※ただし、資本金×7/1000が登録免許税になるため、資本金が860万円を超える場合は6万円を超える)。

次に「維持費用が安い」というメリットもあります。

株式会社の場合、最長でも役員の任期は10年ですので、その度に変更登記が必要になります。

一方合同会社の場合、役員の任期はありません。

また株式会社の場合、決算公告が必要になり、1年に1度官報等に掲載する必要があるため掲載料がかかります。

合同会社の場合決算公告は不要ですので維持費用を考えた場合、合同会社に分があります。

その他にも意思決定の迅速さや少数出資者の意見を反映できるといったメリットもあります。

以下は株式会社と合同会社の比較表になります。参考にされて下さい。

項目   :株式会社 / 合同会社
知名度  :高い / 低い
出資者  :株主 / 社員
出資者権限:利益のみ(所有と経営の分離) / 業務に口出せる
任期   :通常2年、最長10年 / 業務執行社員、代表社員は任期の定めなし
決定方法 :原則株主総会の過半数又は取締役会の過半数など / 社員全員の一致
資本金  :会社全体で計上 / 社員ごとに計上

インフォメーション

facebook

運営社情報

運営事務局 STARTUP!六本松運営事務局
住所 〒810-0044 福岡市中央区六本松2-3-3-2F (株式会社アイネット内)
TEL 092-406-1221
URL http://ropponmatsu.startup-fuk.com/
営業時間 9:00~18:00
目的・コンセプト 六本松地区での開業、起業支援

MAP